角質は顔や肘・足以外にも出来てしまいます。

MENU

角質の出来るところ

肌のくすみや、化粧のりの悪さに繋がる角質。
女性の多くが、肌トラブルとしてこの角質に悩まれてされているかと思います。
ところで皆さん、「角質は体のどの場所に出来るのか」と聞かれたらどのように答えるでしょうか?
顔、肘、足などが最も挙げられやすい場所ですが、これら三つ以外でも角質は少なからず出来ているんです!
そこで今回は角質の出来る場所と題して、詳しくご紹介していきます。
まずは上記三つ、について見ていきましょう。

 

 

見た目年齢に最も直結しやすい顔

角質が出来ることによって、一番影響を受けやすい場所と言ったら、やはりでしょう。顔の皮膚は体の中でも特にデリケートですので、ちょっとした刺激や紫外線、乾燥などですぐに角質が溜まってしまいます
いわゆる「古い皮膚」である角質が溜まると、肌がゴワゴワするのみならず、ニキビの原因にも繋がりかねません。
肌の綺麗さは見た目年齢を左右する一要因でもあるため、角質が出やすい場所であるからこそ、常日頃からケアをしていないと、実年齢より老けて見られる可能性も高くなります。

 

 

ここも忘れちゃダメ!年齢が出やすい肘

肘の角質

立て肘などで毎日意外と服からの摩擦を受けやすい肘も、角質が出来る場所として忘れてはいけないパーツです。
自分ではなかなか見えないのでつい忘れてしまいがちですが、自分で見えない分他人からはよく見られているということ。
特に夏場など腕を出す季節になれば、肘の状態が女性の印象を左右すると言っても全く過言ではありません!
角質は元々とても薄い皮膚層ですので、服の摩擦を受けやすい肘はその刺激によって次第に皮膚が厚くなり、乾燥を引き起こすと共に角質も出来るという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

また肘は普段のケアがなかなか行き届かない場所でもあるので、年を重ねて肌のターンオーバーが鈍くなってしまうと、若い人に比べて目に見えてそれが表れてしまいます。
皆さんも一度、鏡の前で自分の肘をじっくりと見てみてください。
予想していた以上に、現在の肌の状態がそして年齢が出てしまっていると思います!

 

 

最も頑固な角質が出やすい足

足は頑固な角質が出来やすい

体の中でも、最も頑固な角質が出やすい。足の特にかかとは、見た目からしても目を背けたい部位ですよね。
私達の体重を支える足は、普段の何気ない動作や行動だけでも、体のどこよりも大きな負担を抱えます。
靴下との摩擦だったり、その摩擦による乾燥だったりで気がつけば皮膚が硬くなり、黄色いガサガサしたかかとへと変化してしまうのです。
確かにかかとは、乾燥していることになかなか気づかないですし、それゆえボディクリームなどで保湿する機会も他に比べて少ないはず。
意図していなくとも対策がおそろかになりがちな場所ですので、足には角質も必然的に多く溜まってしまいます。

 

 

ニキビが出来やすい背中

顔・肘・足と見てきましたが、これら意外にも角質が出やすい場所として忘れてはならないのが背中
背中というと人によっては皮脂が多く分泌される場所であるため、日頃からニキビに悩まされている方も多いのではないでしょうか?実はまさにこのニキビこそ、角質が出ていることを表す証拠となるのです!

 

過剰な皮脂が毛穴に詰まることによって出来るニキビは、一方で古い角質が詰まることでも出来てしまう炎症。
つまり皮脂が詰まりやすいということは、普段きちんと洗い流せていないことの表れでもあるため、ケアが行き届いていない=古い角質も溜まったままであることにも繋がります。
触ってみても角栓によってザラザラしているだけで、角質が溜まることによって生じるゴワゴワ感がどうしても感じられませんが、背中には意外と角質が溜まっているんですよ!

 

 

以上、ここまで角質が出やすい場所を背中と4つに分けてご紹介してきました。
この4つは、角質によって肌トラブルや見た目の悪さなどの影響を受けやすい部位であるため、その分溜まりやすい場所として注目されることは間違いありません。
ですが角質は、これら4つ意外の場所でも少なからず出ています。
というよりも、皮膚がある限り全身に出ているという認識で捉えていたた方が良いでしょう。

 

首やおしりにも溜まりますし、耳の裏や足の甲にも角質は出ます。
だからと言って、過剰にケアをすればいいわけでは全くありませんが、何よりも「角質は全身に出来る」という認識を持っておくことが非常に大切です。
皆さんもぜひ上手に角質と向き合い、綺麗な肌を手に入れる第一歩を踏み出しましょう!