顔の角質は小鼻やあごに出来やすく、過度なケアは厳禁です。

MENU

顔の角質

見た目年齢を左右する肌のくすみ
角質が溜まっているだけで化粧のりも悪くなるので、自宅でケアしている女性の皆さんも多いかと思います。
しかし一概に顔の角質と言っても出来やすい場所は様々ですし、体の他の部分と同じケアをしていたら、余計に肌を傷つけることに繋がりかねません。
そこで今回は、顔の中でも特に角質が出来やすい場所、そしておすすめのケア方法について詳しくご紹介します!

 

 

角質が出来やすい場所

顔から中でも特に角質が出来やすい場所と言えば、やはり小鼻やあご周りです。
それぞれ一つ一つ見ていきましょう。

 

小鼻

角質を気にする女性

角質以外にも、角栓などの問題が起きやすい場所ですよね。
どこよりも毛穴が目立ちますし、そのためファンデーションもついつい厚塗りになりがちだと思います。
実はここに、角質が出来やすい落とし穴があるのです!
角質は肌に受ける様々な刺激によっても出来るものですが、小鼻周りはお化粧をする時そしてそのお化粧を落とす時など、ゴシゴシ擦ってしまう場所。
また紫外線などの刺激も受けやすいため、自然と肌にかかる負担も大きくなり、角質が出来るというより厚くなってしまいがちな場所となります。

 

あご

あごも、外部からの刺激を受けやすい場所です。
例えば、立て肘であごを乗せたりする時に受ける手や服からの負担、さらにはティッシュなどで口周りを拭いた時の摩擦など。
また、あごも小鼻周りと同じく角栓が出やすいこともあり、その分他の部位に比べて触る機会も多い場所と言えます。

 

角質は皮膚がある所ならどこにでも出来るものですが、刺激を受けやすい小鼻やあごは特にその角質が厚くなりがちです。

 

 

おすすめのケア方法

顔の皮膚は敏感なので特に優しくケアしなければならないですが、一方で顔は体の中でも最も丁寧にケアしたい場所でもあり、そのバランスを取るのがなかなか難しいですよね。しかし、安心してください!
そのバランスを上手く取ったケアの仕方も、実はたくさんあるんです。

 

洗顔料型

洗顔をしながら角質ケア出来るという優れもの。
ピーリングやスクラブが入っていますが、洗顔とピーリングケアを別々に行わなくて済むため、その分肌にかかる負担も抑えられます。
ケアする時間がない方にもおすすめ。

 

ローション型

大体がコットンにローションを染み込ませ、優しく角質を拭き取るものです。
ゴシゴシ擦る必要もなく、また肌に優しいコットンを使用するため刺激を最小限に抑えられます。

 

美容液型

美容液で肌に良い成分を与えつつ、同時に角質ケアも出来るというもの。
洗い流さなくても良いため負担もかかりませんし、何より肌に優しいので他のケア方法と違って毎日行うことが可能です。

 

 

以上、顔の中でも特に角質が出来やすい場所と、おすすめのケア方法についてご紹介してみました。
顔は外部からの刺激に最も敏感な場所でありながら、その刺激をどこよりも受けやすい場所です。
普段のケアも大変ですが、ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、角質なんかに悩まされない素敵な女性を目指してみてくださいね!